陽炎の日記

ウルティマオンライン Izumoシャードの ギルド「兜の里」に所属する 忍者の陽炎の日記です。
2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/11
ぷろふぃーる

kagerou
Izumoシャードの忍者ギルド「兜の里」に所属する陽炎です。お頭のお達しで書き始めました。

心境の変化によって、ちょっとゆるめに。

かてごりー
あーかいぶ


えんとりー:クリックすればコンテンツが表示されます
こめんと:クリックすればコンテンツが表示されます
とらっくばっく:クリックすればコンテンツが表示されます
りんく:クリックすればコンテンツが表示されます


内装
最近、気がつくと家の内装が増えている気がする。

珍しいトクノの茶釜とか、髑髏蝋燭とか。
妖怪とか妖精の仕業だろうか?

なんにしろ、殺風景な部屋に物が増えるのはありがたいことだ。

目から光線を出すモアイとか、世の中不思議なことが多い。
[日常][トラックバック:33][コメント:79]
[2009/07/05/00:36][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

メモ
5月31日 ニューヘイブン桟橋酒場にて

Rochiさんがロイアスさんを探しているとの事。

折れ矢のマスターの家が崩れた際に、幾つか荷物を確保できたので、
ロイアスさんに渡したいらしい。

折れ矢の掲示板にRochiさんの書き込みあり。

ロイアスさんの目に止まるといいけれど・・・。

                          陽炎

[その他][トラックバック:9][コメント:0]
[2009/06/01/00:14][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

転生
 自分の得意とするもの。
魔法は使えるが、使いこなせていない。
おまけにその威力は日に日に落ちている用に感じる。

 ではほかに何があるだろう?
潜伏と忍び足と追跡か。

 これらをもっと、他の誰にも負けない位に
高めるにはどうすれば・・・。

 色々考えたが、今可能な方法として
エルフへの転生があることが分かった。
エルフは人間よりも追跡されにくく、
探知の力も強いらしい。

 以前ならそんなことは絶対に選ばなかっただろう。

 でも今なら。少しでも私が役に立てる方法があるのなら
試してみようと思った。

 色々と苦労はしたが、条件は揃えることが出来た。

 新しい自分の姿。この体でどこまでやれるか。
しばらくは試行錯誤を繰り返す日々だろう。
[不知火の独り言][トラックバック:8][コメント:10]
[2009/02/19/22:05][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

書置き
不知火様

 久々に帰ったのですが、留守のようなので
日記に近況を書いておきます。

 あれから色々回っていますが、これといった収穫は
ありません。まだしばらくは戻れそうにありません。

 この間、シンシアさんに会いました。
色々悩んでいたようですが、Duan=Surk王の下で
騎士として活動する決心が固まったようです。
あの王様の国には、確か女性の宰相がいたと
聞いているので、大丈夫とは思いますが、
Yewは色々ときな臭いので気をつけて見ていてください。
あと、里の事を頼まれました。
魔狼さんとは時間的に会えないことが多いようですが、
もし会えたら連絡を取り合ってこちらも元気なことを
伝えてあげてください。
(僕みたいに燃やしたりしないこと)

 ミザリーの件は、シンシアさんが全部持っていくと
言っていましたが、やはり心配です。
こちらもなるべく見て回りますが、そっちも少し
調べを進めてください。ただし、あまり無理はしないように。

 お土産代わりにお金と黒石を箪笥に入れておきました。
大丈夫とは思いますが、もしもの時に使ってください。

 代わりに机においてあったお菓子を持って行きます。


 今日はちゃんと足を拭いて上がったので、床は
大丈夫です。ですが、この間僕ごと燃やした床、
まだ直ってませんね。見えないところだからといって
おろそかにしないように。

 あと、モアイの手入れもよろしく。

それでは、また。

                         陽炎
  
[日常][トラックバック:9][コメント:1]
[2009/02/12/19:21][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

出発
色々考えたが、まずは動いてみることにした。

まずは生まれた場所を訪ねてみよう。
もう二度と行くことはないと思っていたけれど、
一度じっくり自分のこれまでについて考えてみよう。

あそこならもう人もいないし、誰かを巻き込むことも無い。


 不知火は今回の事件を最初に見てしまって以来、
暫く寝込んでしまっていたけれど、段々落ち着いて来たようだ。
この状態で置いていくのは少々気が引けたが、
連れて行っては何かあったときに斬りつけてしまわないとも限らない。
シュリさんやクルエには面倒を見てもらうように頼んでおいたから、
何かあったら相談に乗ってくれるだろう。

 出発の前に誰かに会えないかと少し街を歩いてみたが、
すれ違ったのか誰にも会うことはできなかった。

暫くこちらから避けていたから、その罰が当たったのかもしれない。

今度戻ってくる時は、皆にちゃんと会えるようになっているだろうか。
[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/09/08/23:32][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

今日もミザリーを探して各地を点々とする。

青空酒場が開いていたが、そこには来ていなかった。

 死の街を再び訪れた時、再びシンシアさんを見つけた。
見る度に痛々しい姿になっていく。

 結局この日もミザリーは見つからなかったが、ヘイブンで
クルエに会って、現状を報告した時、意外な情報が得られた。
クルエは既にミザリーと接触して彼女に大きな損傷を与えたらしく、
彼女は一旦異世界に避難して、その傷を癒すつもりらしい。

 シンシアさんがミザリーに接触する前に、ミザリーを斬り捨てておく
つもりだったが、これで暫く彼女等が会うことは無い様だ。

 ならば今の内にやっておくことがある。

 自分の胸の内にある何とも言えないこの黒い感情を、何とか
抑える術を探さねばならない。現状のままでは、そのうち
本当に押さえが利かなくなる。恐らく父上もこの感情に身を任せて
里を滅ぼしたのだろう。その二の舞は避けなければならない。
ブリタニアなら、そんな事になっても師匠達が斬り捨ててくれるだろうが、
そんな嫌な仕事はさせたくない。

 以前お世話になった医師の先生に相談してみると、それも自分として
上手く向き合うしかないと言われた。

 自分と向き合えと言われても、どうしたらいいのだろう?




[日常][トラックバック:9][コメント:0]
[2008/09/06/23:16][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

満身創痍
今日もまたいつもの場所を探して回る。

 特に収穫もなく、死の街を覗いて帰ろうとした時、
シンシアさんを見つけた。

彼女もまた、ミザリーを探しているのだという。

 見つけてどうするのだと聞いたら、今度こそは確実に
滅ぼすと彼女は答えた。

方法は大体見当がついた。

 シンシアさんやミザリー、そして不知火は自分の彫像を
持っている。Crothが作り出したもので、これが壊れると
本人の心が壊れて実質の死と同じようになるのだとか。
Crothは相手の像を作ってそれをもつことで、その相手を
支配するのだという。

 幸いにもシンシアさんと不知火の像はそれぞれ本人の
手元にある。だが、普通一人一個の像だが、シンシアさんの
像はニ個で一組となっている。
 これは、片方がシンシアさんの、もう片方はミザリーの
像なのだそうだ。どちらがどちらの像なのかは、
分からないと言う。

恐らく彼女はそれを壊すつもりだろう。確実にと言うことは、
つまり両方を一緒に壊すと言うことだ。あまりよろしくない
予想はやはり当たった。

 シンシアさんの体は段々変質して行っているらしい。
実験の効果が現れているようだ。このままだといずれは
理性をなくして暴走するのだろうか。

 だが、彼女は相当疲労しているようで、このままでは
ミザリーを見つけても、まともにやり合えるようには見えなかった。

 とりあえず町で体を休めるようにと言ったが、町には行けないと言う。
今日は死の街から少し離れた所で寝袋で休ませることにした。


[未分類][トラックバック:9][コメント:0]
[2008/09/05/23:01][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

進展
二日目。

再びE/Aの城を覗きに行くと、シンシアさんの部屋は綺麗に片付いていた。

奥の研究室に不穏な空気を感じたのでそちらへ向かってみると、
部屋の中には昨日の男だったと思われるものが散乱していた。

何処かの誰かが代わりにやってくれたのだろうかと思っていると、
一冊の本が置いてあるのに気づいた。

内容は、シンシアさんからミザリーへ宛てたものだった。
彼女はどうやったかは知らないが、自力で抜け出したらしい。

他に収穫は無し。
[日常][トラックバック:7][コメント:0]
[2008/09/04/11:29][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

昨日から、自分がおかしいのは分かっている。

きっと顔は笑っている。

やることを決めた時から、なぜか楽しくなってしょうがない。

鏡が無くてよかった。

クルエに聞いた場所を巡る。邪魔なものを切り払う刀が軽い。

ロストランドに向かう途中、スパークさんとクラレンスさんに
会った。

二人とも、何かあれば力になると言ってくれた。
でも、これに力を貸してもらう訳にはいかない。
あれは僕の獲物だから。

アユアユさんが僕を探しているらしい。

あまり今の姿は見られたくない。
なるべく以前のように見えるようにしてヘイブンへ向かう。

彼女には無事会うことができた。
しばらく見なかったから心配したと言ってくれた。
ロウマンさんもテッドさんも、真之介さんも元気そうだ。
多分、あそこでは僕もちゃんと笑えていたと思う。

再び探索に戻るも、今日は収穫なし。
[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/09/03/20:25][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

少し時間が経って、やや落ち着いた。

E/Aの城は最近改装して、シンシアさんの部屋も新しくなっていた。
最近も一度訪ねたことがあった。
あまり広くは無いが、綺麗な部屋だ。

今は血で赤い。床のドレスの赤も血で染まったのだろう。
床の血溜まりの近くに、箱が転がっていた。
中には、シンシアさんの像と、僕が彼女に以前渡した
クナイが入っていた。毒の道と決別する為に彼女に
預かってもらったものだ。

机の上には日記があった。最後の日付の日記は、
彼女の辛い気持ちが書かれていた。
気付いていたけど、結局何もできなかった。
手遅れとはこの事だろう。

少し眩暈がするのを抑えて、ヘイブンへ。
丁度クルエがいた。

彼を城へ案内した。中を見て彼が思ったのはなんだろう。

彼は僕より冷静だったので、改装された城の内部を調べ始めた。

屋上では、赤く染まった眉を見つけた。クルエが以前盗まれた物だろう。
やはり元の所に戻っていた。

これが孵れば、ミザリーが昔言っていたように世界が血に染まるんだそうだ。
好きにやればいい。

もうしばらく見て回ると、一階の奥の研究室らしき部屋へ入ることができた。
中では神経質そうな男がなにやらブツブツ呟いており、こちらを気にも
していなかった。

ならばとクルエと中を調べて回ると、一冊のノートが机においてあった。

中は部屋の男の研究日誌らしい。内容は


シンシアさんを暴走させて何かするとかそういうことだったような気がする。
男を八つ裂きにしてやろうと思ったが、この部屋ではそれは叶わなかった。



[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/09/02/22:05][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

解放戦
今日はユーの解放戦の日だった。
珍しく不知火が出掛けに見送ってくれた。

作戦開始は22時。準備がはかどり、集合の40分前に
集合場所に。しばらく待っていると、真之介さんが到着。

二人で話していると、リックさんもやって来た。何だか
今日は調子が悪そうだ。

色々話していると、近くに布袋が落ちているのに気付く。
来た時からあったので、落し物かと思って気にしていなかったが、
どうやらチャーリーの圧制を快く思っていない住民からの
差し入れらしい。添えられていた手紙は全てひらがなで、
小さな子供が書いたらしかった。

やがて人も集まり、義勇から飛び入りをしてくれた人まで
現れた。

現地での戦いは、相手側には海賊と傭兵がついており、
激しいものになった。だが、相手側に何らかの混乱が
あったらしく、途中からこちらが優勢となり、最終的には
チャーリーを砦に追い詰めるまでに至った。
だが、砦の扉は堅く閉められており、結局当初の目的である
剣は手に入らなかった。クッキーの方は手に入ったようだが、
どうもあまり意味はなかったようだ。
後で聞くと、どうも指輪を手に入れるチャンスだったようだが、
あの混乱では気付く人がいたかは怪しい。
一応の収穫として、アンさんが珍しい盾を盗み取っていた。
今後に何か役立つだろうか。

とりあえず、ミノックに引き返して青空酒場の営業を
行うらしい。僕は飲めない事と、周囲の警戒を
行うなら不知火のほうが向いていると思ったので、
一足先に戻って不知火に後を任せることにした。

とりあえず無事に戻ってこれたことを感謝し、ぼうっと
天井の染みを眺めていると、不知火が帰ってきた。
何も言わずに帰ってくるのはいつものことだが、どうも様子が
おかしい。少し震えているようだったので、何があったのか
聞いてみた。

少しずつ聞き出すと、どうやら青空酒場にミザリーが現れたらしい。
いつものように上機嫌で水を飲んで帰ろうとしたらしいが、
帰り際にミザリーが「新しい武器でもためそうかしら」と
取り出した剣が、シンシアさんの物だった。
急いで後を追って問い詰めると、さんざんシラを切った挙句、
「もう手遅れ」と言い残して去ったらしい。
不安に思った不知火はE/Aの城に向かったらしいが、そこからの事を
話そうとしない。

 仕方が無いので自分で確かめることにした。

     〜〜〜墨で塗りつぶした跡〜〜〜

[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/09/01/02:43][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

誕生日
家で目を覚ましたら、卓袱台の上に見慣れない綺麗な箱があった。

こんなもの置いた覚えはないのに、と中を覗いてみると、
綺麗な飾り付けをされたケーキが二個。それぞれに僕と不知火の
名前が書いてあった。

横にはノートが一冊。
「ちょっと早かったかな?
 本当は前の日も当日に渡したかったけれど、
 遅くなってごめんね。

 粗末なものしかなかったけど、おめでとう。
 そしてたくさん心配かけてごめんなさい。

 ゆっくり、体を休めて、無理しないようにね

                       Sinsea 」       
ちょっと涙が出た。
まさか、覚えていてくれたとは。

僕には誕生日が二日ある。この世界に生まれた日と、
沢山のものを無くして今の陽炎として新しい人生を始めた日。

後者はあまり人には話していなかった。普通は逆だろうになあ、と
自分ながらに可笑しい。兜の里に入ったばかりの頃、
シンシアさんに誕生日を聞かれた時、自分は生まれ変わったのだからと
後者で答えたのを覚えていてくれたのだ。

ヘイブンに向かうと、港にシンシアさんがいた。
少し興奮していたので、あまり上手く感謝の気持ちを伝えられなかった。

明日はベルリオーズさんと師匠を解放できるかもしれない大事な日だから
準備の為に早く休むことにした。
用事で出かけている不知火も、帰ってきてあのケーキを見れば、しばらくは
上機嫌で安全になるだろう。
[日常][トラックバック:7][コメント:0]
[2008/08/30/21:24][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

進めてないなあ…。
どうしたもんだろ…。


[日常][トラックバック:8][コメント:2]
[2008/08/25/21:12][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

最近とこれまでのこと。
久しぶりに日記帳を開いてみて、苦笑してしまった。
まるでこれじゃ、最後の書置きみたいだ。

あれから色々なことがあった。
 あの後、僕は結局、昔お世話に担った医師の下で療養する事にした。
そこで昔受けた毒の後遺症や、今回の無理のせいで体に相当負担がかかっている事を知らされた。
少しでも長生きしたいなら、毒を扱うことは止める事だ、とも。
普通の人なら問題のない毒の扱いでも、昔の毒の影響からか、薬の効果が強く出る僕には負担が大きいらしい。
 毒塗りと毒の扱いの技術は、僕と今は無い本当の家との殆ど唯一の繋がりと思っていた。父上から教わった技の中で、僕が唯一人並み以上の結果を出せたものだからだ。でもそれが先の道を閉ざしてしまうのならば、決別する時が来たのかも知れない。僕もこれからは自分の見つけ出した力で、色々な事を乗り切っていかなくては。大変かもしれないけれど、僕には色々な仲間や友人がいる。みんなそれぞれ、見習うべきものを持っている。それを良く見ていくことで、きっと何か見つけられるはず。

 そう思ったら、ちょっと不安もあるけれど、それでも何だか気が楽になった。これからは、ちょっと肩の力を抜いて、一歩引くくらいの気持ちで物事に当たってみよう。何が何でも前に進むことばかり考えて、周りが見えなくなってしまったりする事が無いように。

 僕が療養中に、朱里さんが新しい道を探すために里を離れたり、新しく魔狼さんが里に入ったりと、人の入れ替わりもあった。

 その里自体も、お頭が帰ってくる前に本部が崩壊してしまった。でも、色々な人の力の協力で、僅かだけれど荷物を残すことが出来た。本部が無くなってしまったのは悲しいことだけど、心配してくれたり、力を貸してくれたり、沢山の人との繋がりを再確認することが出来た事は大きな収穫だったと思う。

 最近は毒の代わりに武士道の訓練を始めた。元々非力な所を毒の技術で補ってきたけれど、それが無い今、それを補う為の方法として、まずは剣の技を磨いてみようと思ったからだ。まだまだ始めたばかりで未熟だけれど、少しでも皆の力になれるよう、鍛錬を続けよう。
[お仕事][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/06/29/03:31][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

空白
 さて、何から書こうか。
Crothに売られた決闘の後、時間が経つほどに何だか空っぽになって行く。
まあどの道、何をやろうにも今は体が動かないけれど。

 あれはBritainの銀行前にいた時だったか。相変わらずCruelの体を乗っ取ったままのCrothから、決闘を申し込まれた。私が勝てばCruelの体を返すと言う。どうせ何か企んでいるのだろうけれど、これは好機かもしれないと思った。
 Cruelの事はSinseaさんも不知火も色々心配して、その為に色々無茶をしているのを知っていたから。もし、万が一にも相手が約束を守るなら、Cruelはきっと彼女達の支えになってくれるだろう。そう思った。
 SRの人が立会いをしようと言ったのを受けたのも、立会人をつけることで、約束を守る可能性を高めたかったから。Charlieのやり方は好きではないけれど、騎士と名乗る以上、決闘での約束を反故にする事はないだろう。もし、Crothが約束を守らないのなら、SRとE/Aの関係を少し遠ざけることが出来るかもしれないという計算もあった。

 決闘の当日は、出来る限りの準備をした。どうあっても負けるわけにはいかなかったから。普段飲んでいる薬の量もいつもより増やした。
 開始時間の少し前、師匠に呼ばれた。開始前に稽古をつけてやろう、と。短い時間だったが、おかげで体もよく動くようになった。

 決闘の場所のJhelomでは、どこで聞いたのか、予想以上に沢山の人が来た。そして、決闘の相手もやって来た。

 相手はSinseaさんだった。彼女からはJhelomに向かう前に、必ず帰ってくるように、と、彼女の大切な剣を預かったばかりだった。
 
 正直、可能性としては考えていた。私が一番戦いたくない相手を送り込んで来るだろうとは思っていた。でも、実際に目の前にすると、やっぱり辛かった。でも、ここで降りるわけにも、負けるわけにもいかなかった。

 使えるだけの薬を使い、全力で臨んだ。どれだけの時間斬りあったのかは分からない。勝負は私が勝った。Sinseaさんは、私にCrothからの預かり物を渡すと、姿を消した。

 結局、決闘にCrothは現れなかった。このままでは終われないと、Crothの研究所へ乗り込み、本人を見つけた。色々やり取りはあったが、意外なことに、あっさりとCrothはCruelを解放した。彼にとって、今回の決闘は非常に実りのあるものだったと言っていた。決闘の最中、それを見守る人々から、密かに細胞を採取した、と。私は結局、Crothの研究の、だしに使われたわけだ。また、彼の研究を助けてしまった。心配して来てくれた人達を、実験台に使われる危険に巻き込んでしまった。

 その後は、元に戻ったと思われるCruelと、Sinseaさんを探して各地を回った。戦いの後の興奮か、薬の効果か、Cruelを連れ戻せた安堵感か、今思えば異常なほどに興奮していたような気がする。

 無理をしたツケからか、ぼろぼろになった体と頭で振り返ってみる。私のやったことは正しかったのだろうか。勢いだけで、取り返しのつかない事をしたのではないか。現に多くの人を巻き込んでしまった。大事な仲間を自らの手で傷つけた。

 私はどうしたらいいんだろう…。今は考えがまとまらない。
[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/05/20/21:14][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

疑惑
 今日は久々に街に出た。少しうろうろしていると、最近里に入った石川さんから服の色で迷っているとの相談が。どうも僕の服と同じような色にしたいらしい。色々試したが、男二人で考えてなかなかうまく行かない。そこで、Syuriさんと、丁度現場に現れたAyuayuさんに頼んでみることにした。二人は快く受けてくれた。しかし、石川さんと私の服の色が同じと言うことで、妙な疑惑をもたれた感がある…と言うより、ずばり言われてしまった。

 私にはそんな趣味は微塵も無い。絶対無い。

 しかし、その流れでSinseaさんには「陽炎さんの男好き!」等と泣かれて走り去られたりした。結局彼女はE/Aの城で見つけたが、私は近づけないので、不知火に伝言を頼むことに。一応彼女は誤解を解いて帰ってきてくれたが、お土産として
「E/A内部で『も』お前は男好きで通ってるぞ」
と言うとんでもない情報を持ち帰ってきた。『も』とは何だ、『も』とは。どうも根も葉もない噂が飛び交っているようだ。まあ、人の噂も75日と言うし。

 …長いな。とりあえず、火に油を注ぐことの無いよう気をつけよう。内容にかなり問題はあるが、人からからかわれたり、むきになってやり返したり等と言うやりとりが出来る今の私は幸せなんだろう。家族がいても独りだったり、その家族すらいなくなった昔に比べれば、今の私は本当に恵まれていると思う。今ある人との繋がりを大事にしなければと改めて思った。

 だが、やはり噂の出所は気になる…。


 他にはAyuayuさんが現在挑もうとしている、Deep Sea Serpentを一撃をもって倒すという目標の実現に関して、LeeshaさんやClarenceさんも交えて話し合ったりした。聞けば聞くほど難しい目標だけれど、実現できれば良いと思う。私も頑張らないと。
[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/05/04/08:06][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

瓶輸送続き
 ケントさんと何とか瓶を親不孝亭まで届け、何とか仕事完了か…と安心していると、ふとミノック北のことが気になり始めた。確かSRの目的には北ミノック侵攻も含まれていたはずだけれども。

 取りあえず荷物も届けたと言うことで、ミノックを見に行くことにした。スパークの城には、予想に反して、いたのはクラレンス一人。心配は杞憂に終わったかと思ったが、どうやらこの城は既に制圧されたとの事。スパークはあくまで瓶輸送を続けているから、主不在の所にSRが乗り込み、制圧となったらしい。そのあと、SRの面々は何処かへ出かけて行ったらしい。取りあえず私が見たことを彼に報告していると、リコリスさんと、続けてanneがやって来た。anneは先ほどの輸送隊とSRの睨み合いの中、SRの荷物を盗んでは追い掛け回されていた、たくましいシーフだ。anneは入ってくるなり、瓶を買わないかと持ちかけてきた。その数は1500本。そういえば、親不孝亭に連れて行った荷馬は1頭で、瓶は1500本…。てっきり別行動は一頭のみだと思っていたが、もしかすると…。聞いてみると、ヴェスパー西で死んだ荷馬から拾ったとか。

 恐らく、馬2頭のうちの1頭は、大勢の人に引っかかって、はぐれたのだろう。それで彷徨っていた所を誰かに殺されたのではないかと思う。

 結局、瓶はクラレンスが買うことに。取引も無事終わり、気が緩んでいたのだろう。そこが危険な場所であることを忘れていた。突如SRのメンバーが戻ってきた。リコリスさんは気配を感じた瞬間、すぐに身を隠していた。anneは見つかった瞬間、魔法撃ち込まれた。

 私とクラレンスが残ってしまったが、彼らはどちらか一方を人質にして、スパークを呼び寄せるつもりらしい。クラレンスはこの戦には距離を置くと言っていたはずだ。これ以上巻き込む訳にも行かないと思い、人質なら自分が、と言った瞬間、クラレンスも同じ事を言った。
 そしていつもの穏やかな口調とは違う、力強い口調で彼は私に逃げるように促した。丁度その時、RICKが場内に入ってきた。クラレンスがリックに私を連れて逃げるように頼み、私はRICKと共に城を逃げ出した。

 その後のことはよく覚えていない。落ち着いたらもう少し思い出せるかもしれない。

                                不知火
[お仕事][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/04/30/00:54][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

瓶輸送
 4月26日、予定より少し早い時間にミノック北平原中央へスパークを訪ねた。
この日受けている瓶輸送の護衛のため、輸送隊が通るルートの確認を行うためだ。幸い、彼にはすぐ会うことができた。それまで、甲冑姿だったのに、私を見るなりローブを羽織って野良ヒーラーだと言い出した。…何かのこだわりだろうか?昔は一国の王だったとも聞くが、どうも地味な装いを好むようだ。
 そんな疑問は置いておいて、輸送のルートの説明を受ける。輸送隊より先行して周囲の安全を確認する仕事を与えられた以上、下見は欠かせない。一通りの道のりを見て回ったが、まだ時間が早いためか、人の姿は見えなかった。

 親不孝亭からミノックへ引き返し、城の近くまで来た時、近くの家の影から城の様子を伺う男を見つけた。上手く隠れてはいるが、追跡の修行を積んでおいたおかげで見逃さずに済んだ様だ。男の名はGavin。以前、チャーリーから依頼を受けて本を探していたはず。そんな男が隠れて様子を伺っているのだから、大体の見当はつく。一応スパークにも注意はしておいた。

 出発時刻が迫るにつれ、人が少しずつ増え始めた。SRに早い時期から反抗の意思を示していた、ベルリオーズと言う女騎士も到着した。外の様子に気を配ると、相変わらずGavinの気配が。少し様子を見に近づいた所、誤って本人を踏んづけてしまった…。しまった、と思ったが、相手も特に動く様子は無いので、もう一度城に戻って外に不審者がいる事を報告。すると、ベルリオーズは何を思ったか、「その人と話をしてくる」と言って出て行ってしまった。ここは泳がせておいてウソの情報でも流してやれば面白いに…と思ったが、騎士的にはそういう事はやらないのだろう。
 どんな話をするのかを思い、こっそり後をつけると、Gavinと二人でなにやら話していた。どうやら彼を買収したらしい。金でころころ寝返る相手なんて信用できないとは思ったが、今回は雇われの身なのであまりうるさく言うものなんだと思い、依頼主のスパークの判断に任せる事にした。スパークは流石にこの男を輸送隊に加える事に難色を示したが、ベルリオーズが責任を持つということになったため、認めることに。

 そうこうしている内にも参加者は増え続け、スパークの懐が心配な位の大所帯となった。流石に人が多いと賑やかだ。中にはシーフに懐を狙われる者もいたが。スパークが皆に仕事の内容や隊の編成の説明を始めたが、この人数だと時間がかかるだろうから、その間に偵察に出ることにした。とりあえず輸送のルートを進んでいると、慈悲の砂漠近くの三叉路に、SRのチャーリー達がいるのを発見。やはり襲撃は本気らしい。急ぎ戻ってスパークに伝えた。

 とは言え元々予告があったし、そのための護衛ということで輸送は行われることに。とりあえず私が先行してミノックの入り口付近で隠れて様子を探っていると、確かSRに雇われている傭兵のLavaという男が馬で横を駆け抜けるなり、
「斥候ご苦労!」
と言ってヴェスパーの方へ引き返していった。…まあ、私が避け損ねて踏まれたからだが…。SRの方も進軍しているらしい。とりあえず輸送隊が追いついてきたので、私はもう少し先を見るため街道を進んでいたのだが…。

 スパークから急に、SRと遭遇したとの連絡が入った。間抜けなことに、見過ごしてしまったらしい。急ぎ戻ると、SRと輸送隊が睨みあっているのが見えた。どうやらベルリオーズとチャーリーが何か話しているらしい。詳しく見たかったが、人垣に阻まれて近づけなかった。そのうち話が済んだのか、二人は決闘を始め、チャーリーが勝利したようだ。ようだ、と言うのはその話の間に、シーフがSRの面々から荷物を盗んでは追い回されているという光景に気をとられていたから。

 そうしていると、スパークから誰か一人、自由に動ける信頼の置ける人を教えてくれと言われたので、丁度後から駆けつけてきたケントさんを薦めた。他の人は既に臨戦態勢で、呼び止められる雰囲気でなかったのと、ケントさんなら折れ矢でもよく会っているから信頼できると思ったからだ。どうやら、このままでは本来の目的である瓶輸送が進まないため、別働隊を組んでこっそり瓶を運ぶ作戦のようだ。
 
 目論見は上手くいき(どの道SRの面々は瓶なんて気にしてなかった事もあるだろうが)、地元と言うことで地の利に長けたケントさんの誘導で、無事に荷馬は親不孝亭へ。とりあえず任務完了か、と思っていたのだが…。
(疲れたので続く)

                               不知火
[お仕事][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/04/29/21:46][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

距離
 最近はわりと平穏な毎日だ。一刀斎様からみっちり稽古をつけてもらったり、新しい酒場に挨拶したり、皆と投網を楽しんだり。とは言っても見掛けだけだけれども。

 私が里で受けた大きな仕事に追われている間、SR関係の仕事は不知火に任せていたのだが、少し前に彼女からそれ関係は全て自分に任せて、私はなるべく関わらないようにしてくれと頼まれた。
 二人でやった方が効率が良いし、そんな大変な仕事を一人でやらせる訳にはいかないと言ったのだが、なかなか彼女も譲らない。

 しばらく言い合っていたが、そのうち彼女の方からその理由を話し出した。
今回の件では、何人もの人が望まないのに参加させられている。自分もこの件に関わった以上、いつそうなるか分からない。E/Aまで参戦してきたのだからなおさらだ。もしそうなったときに後を引き継ぐ人間が必要だと。

 急にそんなことを言い出すとは何かあったのか、と言う私の問いに、彼女は答えなかった。しかし彼女のあまりの必死さに、幾つかの約束をさせてその話を飲むことにした。

 見聞きした事は全て報告する事、決して無理はしない事。彼女はそれを承知した、と言って出かけていった。それ以来、私はSRの件からは距離を置くようにしている。青空酒場でCharlieがSinseaさんに命令しているのを見たときは、よほど斬り付けてやろうかと思ったが…。

 ただ、最近不知火の様子がおかしい。何か一人で抱え込んでいるような、そんな感じ見える。昔の自分を見ているようで心配だ。

 ふと、師匠のことを思い出した。一刀斎様ではなく、私が里に入ったときの。結局、あの件は一人で色々な事を抱え込んでしまい、結局消えていく師匠を止めることは叶わなかった。もっと色々な人に協力を頼んでいれば…。

 願わくば、彼女がそんな目にあうことがありませんように。
[日常][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/04/26/11:23][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

無題
 元々何も無い所から始まったのだから。それが元に戻ること位、なんでもないと思っていた。

 名前を貰った。陽炎から貰った本には色々な名前と、その由来が書かれていた。どれもいい名前で、迷った。その中で「不知火」という所に目が止まった。

「不知火(しらぬい)」
陽炎も不知火も大気が作り出す光の幻でありながら陽炎は昼、不知火は夜。
陽炎は反射光、不知火は発光という大同小異ではあるもののキッパリ違う点を持つことが由来。

 この名前に決めた。そして私は「不知火」になった。

 三代目にこの事を報告したら、
「本体とは違うことを強調したかったのか」と言われた。
そうかも知れない。
「でも、本体を基準にするということは、完全に分かれるのに未練でもあるのか」とも言われた。
…そうかも知れない。

 ともあれ、私には名前が出来た。他の名前を考えてくれた人にも、挨拶に回った。里の人、Ayuayuさん、名前は伏せていたがもう1人の人にも会えたらお礼を言わなければ。そして、「不知火」の名を考えてくれたDaikhuji さん。彼女に会った時、「同じ存在として生まれたけれど、これからはまったく別の道を歩むのね」と言って貰った。

 確かに、全く別の道になった。まさか、名前を貰った日にあんな事になるなんて。後悔はしていない。…でも正直、恐ろしいと思う時が何度もある。

 私が生まれた時、感覚なんて物はなかった。痛みも味も、何も分からなかった。だから、無理も出来た。敵う筈も無い相手と刺し違えるためにブラックロックを爆発させる事だって出来た(結果的に爆発はしなかったが…)。

 でも今は、一つしかない体。痛みも感じるし、眠らなければ疲労する。不便ではあるけれど、それは生きていることを実感させてくれた。それがだんだん無くなっていく事が、こんなに辛いなんて。

 もっと恐ろしいのは、あの日から私の周りの景色が一変した事だ。気が付くと、青々と茂っていたはずの木々の葉は消え去り、骨のような木だけしか見えない。マジンシアの桜が散り始めていると聞いて、皆と見に行くと、そこには真っ白な、本当に骨のような木だけしか見えなかった。
 あまりの光景にぞっとしたが、回りの反応は違う。どうやらそう見えているのは私だけらしい。皆にはきっと綺麗に咲く桜が見えているのだろう。

 その先どうなるか分からない。でも、払った代償分はきっちり貰っていかなければ。
 後もう少し…。
[不知火の独り言][トラックバック:8][コメント:0]
[2008/04/21/01:23][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

連絡
 少し前、Lycaeum in MalasのCruelから、ある人経由で黒い像を渡された。私は知らなかったが、分身が何か話を聞いていたらしい。もらっては見たものの、使い道が分からなければどうしようもない。どうしたものかと眺めていたら、丁度分身が帰ってきた。

 色々聞いてみると、これはSinseaさんが以前、Charlieの髪を密かに抜いたものをCruelに渡しており、それを埋め込んで黒水とか何かの技術で作った物らしい。要は、Charlieが使っている人形と同じようなものか。分身はそれを渡して欲しいと言う。Charlieに奪われた、Sinseaさんの像を取り返すための保険にしたいと。急にそんなことを言われたので少し考えていると、分身が動かなくなった。何事かと思ったが、寝ているだけなので少し安心した。最近、色々動き回って休むということをしないので疲れが出たのだろう。とりあえず寝かせておくことにして、像について少し確認を取ることにした。

 Britainの街に出ると、Ayuayuさんがいたので手裏剣を売ってもらい、昨日会ったきこりの話をした。いきなり襲われた彼女と、取引で許可を貰ったきこりとの対応の差に少し憤慨していたようだ。真之介さん達にも幾つか伝えておきたいことがあったが、すれ違ったようなので後にすることにした。

 NewHavenでSinseaさんを見つけた。調子は前より悪いようだ。彼女に像を見て貰い、反応を見てみた。やはりそれを渡して欲しいとの事だったが、状況が状況だけに、少し考えていると、散歩に誘われた。

 私も少し考える時間が欲しかったので、出かけることにした。そういえば、こんな事は久しぶりかもしれない。最初の場所はMaginciaだった。この街も相変わらず瓦礫の残ったままだ。ただ、花見の会場に選ばれて、桜が綺麗に咲き、椅子や机も設置されていた。SinseaさんはMaginciaの襲撃の後、廃墟になった街に心を痛めていたから、少しでも復興の兆しを感じさせるこの風景は何かの助けになっただろうか。

 次に桜の咲く場所を探して、徳之の禅都へ。桜が見える橋では、以前お頭の誕生日を皆で祝ったことがある。あの時は楽しかった。その時の事を二人で色々話した。

 しばらくして、また像の話になった。

 像を渡すか渡さないかは私に任せると彼女は言った。今のSinseaさんはCharlieに逆らえない。Charlieがこの事を知って、渡せと言われれば拒むことは出来ないだろう。だったら分身に渡してSinseaさんの像を取り返すために使った方がどうせCharlieの手に渡るとしても得策ではないだろうか・・・。そう思ったので、大丈夫、どの道これはCharlieの手に渡るから。といった所。

 Sinnseaさんが珍しく激しく怒り出した。Charlieに渡すなんて!と。私も驚いてしまい、落ち着いてもらってから像をどうするのか聞いてみた。どうやら、この像は取られた像の代わりに出来るらしい。完全な代用は無理だが、それでも像がないままでは消耗するだけの現状を多少は改善できるようだ。そういう理由なら、分身も納得するだろう。問題は・・・

 この像に関しては、真之介さんやRICKさんにはまだ話していない。私が使い道を聞かされていなかったからだ。だから、今日、二人に会ったら話してみようかと思っていた。二人の事だから、そんなものは使いたくないと言うかもしれない。その後に渡せば・・・。だが、会う度に辛そうなSinseaさんをこれ以上見ていたくない気持ちもあった。

 結局、像は渡すことにした。丁度、Syuriさんから真之介さんたちがBritainにいるとの連絡が入ったので、向かうことに。Sinseaさんとは事が片付いて落ち着いたら、花見に行こうといって別れた。

 Britainで真之介さん達と合流し、Charlieと出くわす思いがけない事態もあったが、取り合えず私が持っている現状の情報を彼らに伝えることが出来た。ただ、像のことは話せなかった。帰り際、情報をありがとうと言う真之介さんに、心の中で詫びるしかできなかった。彼らに本当に協力するのなら、像はここに持ってくるべきだったのだろうなと思いながら。

 休む前にBritain銀行に寄ると、雪白さんの姿が。そういえば今日、Charlieがlycorisさんにちょっかいを出していたのを思い出した。雪白さんの身を案じるなら、1人でYewに来いとか。それを伝えると、雪白さんは珍しく感情を露にして怒っていたようだ。

 色々な事がありすぎて、この先どうなるのか分からなくなってきた。私がやる事はもう決めているが、最終的に私はどちらの味方になるのだろう…。
[日常][トラックバック:8][コメント:1]
[2008/04/16/02:33][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

名前
 分身(そのうちこの呼び方も改めないと…)の名前を里の皆に考えてもらったが、それ以外にも、色々な方から良い名前を考えていただいた。

 私の考えた名前はどうにも合わないらしく、口にする度に燃やされる。とりあえず私の考えた名前は外して、これまでに考えてもらった名前を本にまとめて分身に渡した。その中から本人が呼ばれたい名前を決めることに。

 渡してやってから、常に持ち歩いているらしく、何かある度に取り出しては見入っている。

 まあ、これからずっと呼ばれる名前だから、色々考えるのだろう。


 決まったら、周りの人に連絡してまわろう。名前変わった途端、「誰?」とか言われるのも可哀想だし。
[日常][トラックバック:7][コメント:0]
[2008/04/15/02:00][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

無題
私はkagero。
兜の里の陽炎が作った影分身。

正確には名前はない。
今の名前も本体(陽炎)が私を作る時に適当に考えたものだ。
はじめはそれでよかった。
用事が済めば、私は消えて、また次の用事で作られる。
記憶も見聞きしたものも共有していたし、私は
本体の正に分身だった。

けれども今は、完全に分かれてしまった。
もう、記憶の共有も出来ない。
本体に戻ることも出来なくなったから、不完全な体だが、
眠って休めなければならない。実に不便だ。

更に不便なのは…。名前がないことだ。
周りの人々は私を本体と思って声をかけてくれるが、
本体と記憶の共有が出来ないため、探して
直接伝えなければならない。

それに、確かに本体の昔の記憶は持っているが
分かれてからは完全に私だけの記憶。
私は本体の写しとして生まれてきたけれど、本体とは別の存在として
生きることは出来ないのだろうか。
そう考え始めていた。

ある日、本体がこう言った。

「なあ、そろそろ名前とか、欲しくない?」

驚く私に本体は続ける。

「もういくつか考えてあるんだ。・・・陽炎(かげろう)が男でお前さん女の子だから、かげこ!・・・影子とかどう?」

とりあえず、フレイムストライクを撃ち込んでやった。

「じゃ、じゃあ、黒い服とか好きだから、黒子とか!」

階段から蹴り落としてやった。頭打って賢くなって来い。

「わ、わかった。僕の案じゃ駄目みたいだから、里の人に案を貰って来る。まあ、多分いい名前考えてくれるから、期待しといて」

そう言うと、本体は出かけて行った。

私の名前…。欲しいと思ったが、実際つくとどうなるのだろうか。
そう考えながら、私はまた眠ることにした。



[不知火の独り言][トラックバック:7][コメント:4]
[2008/04/13/02:27][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

報告
 少し前に、3月末までの期限で仕事を請けていたのだが、飛来雲三代目の指揮の元、何とか期日までに仕事を終わらせることが出来た。

 だが、依頼者に終了の報告をして、初めて依頼完了である。幸い、直ぐに依頼者に合うことができたのだが、報告書もまとめなければいけないことに気付いた。
仕事が終わった報告の後、慌てて家に戻り、報告書を書き始める。

 時々syuriさんから連絡が入り、応援してもらう。何とか書き終わり、見直しも終わった…と、思った時。墨汁がこぼれて報告書が駄目になった…。

 あと少し、後はもう提出するだけだっただけに、しばらく固まってしまった。syuriさんの声が響く。

「陽炎さんって、どじっ子?」

少し涙目になりながら、記憶を頼りに書き直す。
何とか書き終えた時は、もう殆ど抜け殻だった。

呆けていた時間も含め、書き直しから結構時間が経っていたので、syuriさんに状況を聞いてみる。

「修羅場ですー…」

一難去ってまた一難か、と思っていたら

「師匠と修羅場の旅ですー♪Lost landにいます」

と、楽しそうな声。多分、修羅場なのはsyuriさんと師匠の周りの怪物共だ。二人が暴れまわっている光景が浮かび、なんだか疲れたので寝ることにした。

丁度分身が帰ってきたので、後を任せることに。分身は分身で何か仕事をこなしてきたらしい。最近ではもう完全に繋がりが切れてしまって、お互いに以心伝心、という事が出来なくなった。不便だが、仕方が無い。

最近、仕事が多いのはありがたいことだけれど、分身の件の調べ物も、そろそろ進めないといけない。

とりあえず、明日は報告書を提出しよう・・・。
[お仕事][トラックバック:8][コメント:6]
[2008/04/03/01:00][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

潜伏
やっと家に戻ってきたが、なかなかのんびり…ともいかない。
この所、やることが多すぎた。とは言え、表に出ない仕事
ばかりだから、誰も知る人はいないだろうが…。
いや、忍は人知れず仕事をこなすもの。

とはいえ、表の仕事を分身に任せていたら、
私より存在感が増してきた気がする。
この間は私が分身と間違えられたし…。
なんだか自分の影が薄くなってきたような…。



いやいや、
悪い方に考えても仕方が無い。
今はそういう時期なのだから、出来ることをやることにしよう。
[里での活動][トラックバック:8][コメント:4]
[2008/03/31/20:18][ ↑ ][ ↓ ][この記事を編集]

■■■Copyright 無修正が見たい■■■
■■■Powered by DTIブログ■■■